サイトデザインリニューアルしました2018.11.9
動いた心を記憶して
写真と言葉で表現するブログ
撮影機材

水上や水中で安心な防水コンデジを比較【2018年版】買ったのはオリンパスTG-5

ガッツリ川遊びや海遊びする時に、写真を撮りたかったらカメラってどうすれば良いんでしょ?

シュノーケリングとかラフティングとかのウォータースポーツ中にも、その場の写真を撮っておきたい..
という時スマホは論外です。

トイレに落としたくらいでも高確率で死亡ですもんね。
他の手段を考えねば、というところから始めた水中用カメラ選び。

私にとってはサブカメラの扱いになるので、あまりお金はかけたくありません。
お金はかけずに、安全にそこそこ高画質の写真と撮れるカメラという視点で超じっくり検討しました。

そして買ったのは防水コンデジとしてダントツ人気のオリンパスTough TG-5..です!

一眼レフは水中で使えない(そのままでは)

普段は一眼レフを使っていますが、このカメラはそのままでは水中に入れて撮ったりできないです。
壊れます。

一眼レフを水中で使うなら「ハウジング」という専用の防水装置を取り付ければ使えるのですが、これがカメラ本体より高い。
私が調べた限りでは35万〜45万くらいの価格で販売されています。

しかも、対応機種はピンポイントに限定されます。
つまりCANONの「EOS 5D mark4」用のハウジングはmark4にしか使えません。
同じCANONのEOS 5Dでも、「mark3」には使えない。
ほえ〜。
本体が変わったらハウジングも買い替えしなくてはいけないのね。

というわけで、いつまで水中写真に対するモチベーションがキープされるかわからないし、本体だって変えるかもしれないし、一眼レフ+ハウジングの選択は却下しました。

防水のコンパクトデジタルカメラを検討

別の選択肢は何があるか?真剣に調査。

最近はコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の画質も向上して来ているというし、防水コンデジなら画質もそこそこ良くて、価格も手頃な庶民でも買えるものがあるのではないか?

私が渾身の力で情報収集した、2018防水コンデジの調査・比較・検討結果をシェアいたします。

比較した防水コンデジはこの4種

Google先生に私のアンテナで諸々聞いてみたところ、2018年上半期現在、水の中で使えるコンパクトデジタルカメラとして人気があるのは以下の4製品という結果が出ました。
この4つの機種について、深く見て行きます。

オリンパス タフ TG-5

これ、私の周りで使っている人が多い。
うちの妹も一つ前のモデル、TG-4を使っています。それを持って山に登っております。

富士フィルム ファインピックスXP130

本体の色がポップで可愛い。
富士はミラーレスも人気だし、コンデジも期待できるかも?

ニコン クールピクスW300

ニコンもデザインがなかなか良い。迷彩柄もある。

リコー WG50

リコーって、一味違ったゲリラ的な製品を差し込んでくる会社というイメージがあるので、いろいろ期待。

防水コンデジで重視する比較ポイント

防水の度合い

水深何メートルまで沈めても壊れないのか。
タンク背負って潜るわけではないので、それほど高い性能は必要ないけど、誤って落とすことを考えると深いところまで耐えられる方がいいっちゃいい。
今回はガッツリダイビングするわけではないので、数メートル程度あれば充分と考えています。

レンズの明るさ(開放絞り)

明るい方が撮影した画像の質は期待できるし、大きくボカすこともできる。
できれば開放でF値2.8(この数値が小さいほど明るくて高性能)欲しいところです。
水中は暗そうなので、暗いところで手ブレが起きにくい、明るいレンズの方が良いです。

レンズの焦点距離とズーム性能

広角から望遠までズームで対応している倍率が高ければ、広い範囲も撮れるし、ぐぐっと引き寄せて狭い範囲を撮ることもできる。
目安として、一眼レフで標準ズームと言われている24-100mmには対応していて欲しいところです。

手ぶれ補正

水中は暗くて手ブレの心配があるので、手ぶれ補正機能がついている方がいいです。

価格

そりゃまあ安い方がいいですよね(笑

データ保存形式

低価格なコンデジでは保存形式がjpgに限定されることが多いです。
私は写真データはデータ劣化のないRAW形式で保存して、後で自室でレタッチすることまで含めて写真撮影の楽しみにしているので、RAWで撮っておきたい派です。

2018防水コンデジおすすめランキング

第1位 オリンパス タフ TG-5

画質重視の方におすすめ。

画質で選ぶなら少し値段が高いですが、これ!
撮れる写真の画質が一番期待できそうです。
画質は一番期待できる。
なぜならば、レンズの開放絞りが2.0で一番明るくて高品質なため、シャッタースピードをあげることができるので手ぶれが起きにくい。
加えて手ぶれ補正機能もついています。

そして画像を情報が削られないRAWデータで保存できるのはこのモデルだけとなっています!

第2位 ニコン クールピクスW300

タフさ、水深重視の方におすすめ。

水深30mまで沈められます。
ダイビングや素潜りで深く潜る方には、このモデルが一番安全です。
耐落下衝撃も2.4mまでで、衝撃に耐える力が一番強いです。

レンズの開放絞りもF値2.8からでかなり明るく、焦点距離は24−120mmと1mm程度ではありますが、オリンパスよりも広角に撮ることができます。
水中は水がレンズのような働きをして、陸上より望遠気味に撮れるので、少しでも広角な方が撮影の幅が広がります。

第3位 富士フィルム ファインピックスXP130

低価格重視の方におすすめ。

値段が一番安いです。
Amazonでの販売価格はオリンパス TG-5の半額以下です。

この低価格を実現できている理由は多分レンズの質です。
広角側でF値3.9始まり、望遠側でF4.9始まりと暗めです。
手ぶれ補正もついていないため、手ぶれ発生のリスクは高いかな、と思います。
そこが気にならないのであれば、お買い得なモデルです。

第4位 リコー WG50

個性的なデザインを求める方におすすめ。

機能的には突出したところがないモデルですが、逆に言うと、全方位で平均点を満たしたモデルとも言えます。
光学5倍ズームがあり、手ブレ補正機能もあり、そして値段がAmazonで2万円代、と非常に安いです。

防水機能を持ち、そこそこ安くて個性的なカメラを探している人には一押しです。

2018夏、私は防水コンデジ「オリンパスTG-5」を買いました

オリンパス TG-5オリンパス TG-5

私は画質重視の人です..
何だかんだ言って、私、普段は一眼レフを使っている人間なので、割り切って防水にコンデジを買うことにしたとは言え、あまりにも画質が悪かかったり、手ぶれがひどかったりでは、がっくり気落ちすると思うんですよね..

ですから私は画質が一番よさそうなオリンパスTG-5を選びました!

撮影したデータは後にレタッチアプリLightroomで調整したいのですが、RAWデータで保存できるのもオリンパスTG-5だけ!

価格は他のモデルより倍近く高いのですが、この2点で私はオリンパスTG-5を購入しました。

まとめ

  1. 価格が少し高くても画質重視の方におすすめはオリンパスTG-5
  2. 耐久性重視で価格は安い方が良い方におすすめはニコン クールピクスW300
  3. とにかく価格が安い方が良い方におすすめは富士フィルム ファインピックスXP130
  4. 個性的なデザインと低価格を求める方におすすめはリコー WG50

あわせて買いたいフローティングストラップ

誤って、水中にカメラを落としてしまうかもしれない!
そんなことないとは言い切れない!
そんな時に、この水に浮くストラップをつけていれば、水底までもぐって落としたカメラを探しに行かなくてもいい〜。
コレ絶対買いだわ!
黄色くてよく目立つし、送料も無料。

防水コンデジ4機種スペック比較表

4機種を比較した表を作りました。
商品選びの参考にお使いいただければ幸いです。

  オリンパス 
タフ TG-5
富士フィルム 
ファインピックスXP130
ニコン 
クールピクスW300
リコー 
WG50
メーカー
公式ページ
公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ
水深 15m 20m 30m 防水14mJIS保護等級8級
/JIS保護等級6級
落下衝撃 2.1m 1.75m 2.4m
レンズ開放絞り W2.0 ~ T4.9 F3.9/F6.2(広角)
F4.9/F8.0(望遠)
F/2.8~4.9 F3.5-5.5
レンズ焦点距離
(35ミリ換算)
25~ 100mm 28~140mm 24~120mm 28-140mm
レンズ光学ズーム 4倍 5倍 5倍 5倍
手ぶれ補正 手ぶれ補正あり 3段 手ぶれ軽減機能あり
撮影距離 10cm~ ∞
顕微鏡:1cm~ 0.30m
[広角]60cm~∞
[望遠]1.0m~∞
マクロ
[広角]9cm~2.0m 
[望遠]1.0m~3.0m
50cm~∞
マクロ
1cm~∞(広角側)
0.5m~∞
マクロ
0.1~0.6m
1cmマクロ
0.01~0.3m
(ズーム域の中間部)
センサーサイズ 1/2.33 1/2.3 1/2.3 1/2.3
画素数 1200万画素 1640万画素 1605万画素 1600万画素
モニター 3インチ (46万ドット) 3インチ(92万ドット) 3インチ (92.1万ドット) 2.7インチ (23万ドット)
画像記録方式 RAW
jpg
RAW+jpg
jpg jpg jpg
連写 5コマ/秒
電子シャッター
20コマ/秒
10コマ/秒 7.5コマ/秒で5コマ
動画 3840×2160(4K) 1920×1080 2160/30p(4K UHD) 1920×1080
水準器 2軸
ISO感度 オート ISO
100 ~ 1600まで自動
(100 ~ 12800まで
基準感度・上限感度を
変更可)
マニュアル ISO
100 ~ 12800
(1/3 EVステップ)
AUTO(400)
AUTO(800)
AUTO(1600)
ISO 100/200/400/
800/1600/3200/
6400
125-6400 オート
マニュアル
(ISO 125~6400)
シャッタースピード 1/2 ~ 1/2000秒
(夜景モード、Aモード:最長4秒まで)
1/4秒~1/2000秒(AUTO時)
4秒~1/2000秒
(全モード合わせて)
1/1500~1秒
1/4000秒
(高速連写時の最高速)
25秒
(シーンモードの
[比較明合成]の
[星軌跡])
1/4000~1/4秒
(メカニカルシャッターと
電子シャッターの併用)、
最長4秒(夜景モード)
フォーカスモード AF(S-AF)
マニュアルフォーカス(MF)
追尾AF
(TR)
シングルAF
コンティニュアスAF
顔認識オート
マニュアル(99点)
中央
ターゲット追尾
ターゲットファインドAF
9点マルチ/スポット/自動追尾
露出制御 iAUTO
プログラムAE
絞り優先AE
シーンセレクトAE
顕微鏡
プログラムAE
シーンポジション
プログラムオート
シーンモード
オート
撮影モード 
プログラム
露出補正 ±2 EV(1/3 EVステップ) -2.0EV~+2.0EV 1/3EVステップ ±2段の範囲で1/3段刻み ±2EV(1/3EVステップ)
アスペクト比 4:3、3:2、16:9、1:1、3:4 4:3、3:2、16:9、1:1、3:4 4:3 16:9 1:1 4:3 16:9 1:1
価格(Amazon)
2018.8.2
50,300円 21,880円 30,639円 29,079円

POSTED COMMENT

  1. わたなべ ゆうじ より:

    ぜひ、撮れた物をお見せいただきたい。比較用に、Fujifilm FinePix XP90をお貸しします。なお、XP90には、手振れ防止機能が付いています。

    • sugar より:

      そうか、XP90持ってたんですね。
      傑作撮ってきますので、ぜひ見てください(笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です