サイトデザインリニューアルしました2018.11.9
動いた心を記憶して
写真と言葉で表現するブログ
写真の撮り方

【写真の撮り方】1:1の正方形=スクエアフォーマット写真のススメ。撮ってみたらハマりました。

スクエアフォーマット写真のすすめ

「何を撮ったらいいのかわからない」「最近自分の写真がマンネリ気味」などなど、好きで撮り始めたはずなのに、スランプというか、壁というか、行き詰まる事があります。私なんか、結構しょっちゅうこの症状を発症。そんな時は何かを変えてみるといいとよく聞きます。「レンズを変えてみる」「生きる環境を変えてみる」「旅に出てみる」などなど。
私も今回、ちょっと変えてみたんです。
そうしたら結構楽しくて気分が変わって思った以上に効果絶大でした。

1:1スクエアフォーマットでの撮影

Instagramはデフォルトの設定が1対1のスクエアフォーマットなので、普段からインスタをよく使う人にはお馴染みの比率なのかもしれないですね。私はインスタよりも一眼レフで撮って、プリントして見せる方が多く、スクエアはあまり馴染みがありません。一眼レフのデフォルトは3:2です。

カメラの設定変更

3:2で撮っておいて、後からレタッチでトリミングという手もありますが、それではあまり気分が変わりません。今回は撮影時から「スクエア」の比率で撮るようにします。

ミラーレス EOS M3の設定変更

「menu」ボタンを押してmenuを表示させたら「静止画アスペクト比」という項目を選んでください。最初は3:2だと思います。

EOS M3アスペクト比変更メニュー

1:1に変更します。

EOS M3 アスペクト比 1:1

モニターの表示が正方形の1:1表示に変わりました。

EOS M3 スクエアフォーマット

一眼レフ EOS 5Dmark4の場合

同じキャノンのカメラなので、変更方法はM3とほぼ同じです。
カメラの「menu」ボタンを押して「アスペクト比」の項目を表示し、3:2となっているのを1:1に変更します。5Dmark4の場合はカメラマークタブの5の表示のところにあります。
EOS 5Dmk4 メニュー アスペクト比変更
1:1を選択。
5Dmark4 アスペクト比変更
これで、モニターの表示はスクエアになりました。

EOS 5Dmk4 アスペクト比変更 1:1

見た目はスクエアになりましたが、記録画質をRAWにしておけば、データ自体は3:2のものが残っているので、後でパソコンで編集する際に3:2に戻すことも可能です。

5Dmk4の場合ですけど、こうしてスクエアフォーマットに変えると、ライブビュー撮影の時は見えている通り、再生した時もスクエアになります。ただ、この設定にしておいても、ファインダーを覗くと3:2のままです。さらに覗いてシャッターを切った場合は、後でLightroomで見ても3:2表示になってしまっています。そこが注意事項。一眼レフカメラの構造上、そこは仕方ないのかな。

スクエアの作例と感想

格子越しに向こう側を撮ってみる。格子もスクエア比率なので、相性はいいようです。

スクエアフォーマット写真

どうってことない地面のクロッカスですが、スクエアの方が花の主役度が高まるように思えます。

スクエアフォーマット写真 クロッカススクエアフォーマット写真 クロッカス

ただの洗濯物干しの輪っかと洗濯ばさみ。スクエアはこういう日常の道具との相性はいい気がします。

スクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガースクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガー

物干し第二弾。ややエアリー。ピントも合わせない。ゆるい写真にはスクエアはより向いてるかも。

スクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガースクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガー2

スクエア物干しハンガーもう一つ。洗濯バサミとかハンガーとか何か好きなんですよね。つい撮りたくなる。

スクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガースクエアフォーマット写真 洗濯物干しハンガー3

ただ空なだけ。女子写真?でも、空の面積が無駄に広くならなくて良いかもしれない。本当、こういうどうってことない場面を撮ってもそれでいいんだと思わせてくれるフォーマット。

スクエアフォーマット写真  空スクエアフォーマット写真 空

普通に家の外壁。あ、しかしここにも洗濯バサミとハンガーが。

スクエアフォーマット写真  外壁スクエアフォーマット写真 外壁

葦簀に光芒

スクエアフォーマット写真  葦簀 光芒スクエアフォーマット写真 葦簀 光芒

葦簀ハイキー

スクエアフォーマット写真  葦簀 光芒 ハイキースクエアフォーマット写真 葦簀 光芒 ハイキー

名前もよく知らない花。ストックって言うんだっけかな。割りと背が高い花で、3:2だとなかなか構図作りにくいです。縦構図にすればいいのかもしれないですが、スクエアにすると無駄な空間が減ってキメ構図作りやすい気がします。

スクエアフォーマット写真  背の高い花スクエアフォーマット写真 背の高い花

ほんと、ただの木と玉ボケ。なんだけど、スクエアだと「だから何なのよ」と言う気にならない。自分的には。

スクエアフォーマット写真  樹木、葉、玉ボケスクエアフォーマット写真 樹木、葉、玉ボケ

ただの壁アンド塀アンドただの葉っぱ。でも塀と壁で作る直線に葉っぱを被せて作る構図が割と簡単に決まってくれたように思います。

スクエアフォーマット写真  壁、塀、葉スクエアフォーマット写真 壁、塀、葉

こうしてスクエアで撮影した写真を改めてまとめて眺めていると、スクエアで切り取る世界というものは、主観の世界なのではないかという気がして来ました。3:2より視野が限定されるのでそう感じるのでしょうか。視野が狭いと客観性が減って主観の世界になる。主観の世界は他人がああだこうだ言える世界ではない。だから、撮ってて楽なのかな、とふと思いました。

スクエア ✕ フィルム風フィルタ

スクエアフォーマットな世界には、フィルム風の仕上げが似合うのではないかと判断し、記事に上げた写真は全部、Lightroomのプリセット、「VSCO」のフィルターをかけています。

VSCO、有料ソフトなのに、買ったあとどうも使用のツボがつかめず「失敗購入だったか?」とモヤモヤしていたのですが、ここへ来て本領発揮してくれました。

私が持っているのはVSCO Film 02という番号のもの。02プリセットの中には30個くらいフイルムの名前がついたフィルターがあります。この中から自分の出したいイメージに近いものを選んでクリックすると、フィルム風、さらに攻めた言い方すると昭和風の写真になる。気がします。(個人の感想です。)

vscoプリセットvscoプリセット

まとめ:自分の写真に飽きたらフォーマットを変えてみるといいかも。1:1の正方形=スクエアフォーマット写真を撮ってみたらハマりました。

私はスクエアフォーマット気に入りました。楽しいです。
気負わず撮影できるのが何よりいい。

「作品にしよう」とか

「フォトコンに応募出来る写真を撮らなくては」とか考えず、

「あーなんとなくあれを撮りたいな〜」という

素直な、本能的な気持ちのままに撮れるのが、私にとってのスクエア写真効果です。
特に、単焦点での撮影にこのフォーマットは向いている気がします。
ただ、キヤノンの一眼レフはファインダー越しだとこのフォーマットに対応していないのです。
全部の一眼レフで対応していないのかどうかは確認していないのでわからないですが、5Dmk4は対応していない。
ライブビューで撮れば1:1で撮れるんですけど、バッテリーの消耗が激しいですからね。
それにファインダーを覗いて撮りたい時もあります。
すごく天気が良くて眩しいときとかですね。

ミラーレスやコンデジの方がカメラの機能的にはこのフォーマットをより手軽に楽しむことができそうです。

ただ、私はあえて5Dmk4を使って、スクエアを撮りたい。なぜならば、併せて使いたいレンズがあるから。そのレンズの話は次回します。読んでね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です