CANONレンズ

CANON EF50mm F1.8 STM【 レンズレビュー】激安で単焦点を体験できるおすすめレンズ

EF 50mm F1.8レビュー

こんにちは。薄くて軽くて味のあるレンズが好きなちゃんまり(@sugar_mariko)です。

今回は、おそらく「この世でいちばん安い単焦点レンズ」のレビューです。

採り上げるのはキヤノンの「EF50mm F1.8 STM」レンズ。私は、このレンズはキヤノンのレンズの中で、最も売れているレンズではないかと思っています。

それでは、キヤノンのレンズでいちばん売上を稼いでいそうな単焦点レンズ、EF50mm F1.8 STMは、いったいどこがよくてどこがイマイチなのか?実際に使った結果をレビューします。

もしまだ単焦点レンズのEF50mm F1.8 STMを使ったことがなければ、参考になるはずです。

ちゃんまり
ちゃんまり
買おうかどうか迷っているかたも読んでくださいね〜
created by Rinker
キヤノン
¥12,480
(2020/09/29 02:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

CANON EF50mm F1.8 STMレンズの特長

ではさっそくCANON EF50mm F1.8 STMレンズの特長をお伝えします。

EF 50mm F1.8 STMレンズEF 50mm F1.8 STMレンズ

EF50mm F1.8 STM特長1 単焦点なのに安い

やはりCANON EF50mm F1.8 STMレンズ最大の特長が「圧倒的に安い」ことです。新品でも15,000円前後で買えます。

created by Rinker
キヤノン
¥12,480
(2020/09/29 02:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

EF50mm F1.8 STM特長2 単焦点の高画質

EF50mm F1.8 STMレンズ、2つめの特長が、単焦点レンズの画質の良さを、気軽に体験できることです。

EF50mm F1.8STM レンズ 作例EF50mm F1.8STM レンズ 作例 撮影:ちゃんまり

一眼レフ・ミラーレスカメラ初心者はカメラを続けるかどうかもわからないですし、価格が安くて買いやすいキットレンズ付きカメラを買うことが多いですよね。

キットレンズとしてはズームレンズがセットされることが多いので、あえて自分で意識しないと、まったく単焦点レンズを使わずに写真を撮り続ける人も多いかもしれません。

しかしズームレンズと単焦点レンズの写りってかなり違います。単焦点レンズをまったく使ったことがないなら、1回は使ってみたほうがいいです。そのはじめの一歩にEF50mm F1.8 STMレンズはぴったり!何しろ安いですからね。

EF50mm F1.8 STM特長3 小さくて軽い

EF50mm F1.8 STMのじわじわ効いてくる素晴らしい特長が、小さくて軽いということです。

EF50mm F1.8STM レンズ EF50mm F1.8STM レンズ

撮影機材が小さくて軽いと、ちょっとした外出のときにも気軽に持ち出したくなるんですよ。ちょっとしたお出かけにも、小脇にカメラがあれば、なんてことないシャッターチャンスで撮影ができます。

もちろんいつも持ってるスマホで撮ってもいいんですけど、カメラで撮っておけば、あとあと使用用途も広がりますし、カメラ好きならカメラで撮ってあげた方が、楽しいじゃないですか。

小さくて軽いレンズは実用性が高いです。

EF50mm F1.8 STM特長4 使いやすい画角

EF50mm F1.8 STMは、焦点距離50mm。焦点距離50mmは、人間の視野角に一番近い画角と言われています。つまり、50mmのレンズを使えば、目で見えている上下左右の範囲と同じ感じで写真に撮れるということです。

EF50mm F1.8STM レンズ 作例EF50mm F1.8STM レンズ 作例 撮影:ちゃんまり

ということで、50mmのレンズは、まず肉眼で見て「ここの部分を切り取ろう」と頭の中で絵作りのイメージを作って、いちばんイメージどおりに撮りやすいレンズだと言えます。

だから、カメラ初心者、写真初心者には50mmのレンズがおすすめされることが多いです。私も同感です。自分の目の延長、自分の手足の延長としてカメラを扱いたいなら、50mmレンズで練習するとよいと思います。

created by Rinker
キヤノン
¥12,480
(2020/09/29 02:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

CANON EF50mm F1.8 STMレンズ使った感想

私はだいたい3年くらい EF50mm F1.8 STMレンズを使っています。その前は、旧型のEF50mm F1.8 IIというレンズを使っていました。同じシリーズの旧モデルです。

EF50mm F1.8 STMレンズはリニューアルされて、ちょっと高くなったのですが(それでも15,000円以下で買えるんだけどね!)基本的な使い勝手はほぼ同じで、少し使いやすくなっています。

ちゃんまり
ちゃんまり
実際使ってよかった点を順番にご紹介しますね。

よくボケる

EF50mm F1.8 STMレンズはよくボケますね。背景が開けたところで、絞りF値を2.8とか2とかまで開放にしてあげると、背景がふわっとボケて被写体が立体的に浮き上がります。

EF50mm F1.8STM レンズ 作例EF50mm F1.8STM レンズ 作例 撮影:ちゃんまり

背景をボカして整理したい時には鉄板のレンズです。

スナップにいい

EF50mm F1.8 STMレンズは、フルサイズカメラとの組み合わせでも、とっても軽いんです。なので、街中での撮影にも非常に使いやすいお散歩フォトとか、街での気ままなスナップ撮影にピッタリです。

EF50mm F1.8STM レンズ 作例EF50mm F1.8STM レンズ 作例 撮影:ちゃんまり

実際わたしも自粛期間中の買い物ついでの近所撮影なんかにちょいちょい活躍させていました。

ちゃんまり
ちゃんまり
小さいレンズなのでおおげさにならないところがいいですね。

ポートレートにもいい

50mmは自然な画角で、単焦点はよくボケるので、人物のポートレート撮影にもよいです。

EF50mm F1.8STM レンズ 作例EF50mm F1.8STM レンズ 作例 撮影:ちゃんまり

近づいてアップを撮影したり、少し離れて背景を広く入れたり、全身が入るように撮影したり‥といろんな撮影バリエーションを作れるのも50mmレンズならではのメリットです。

とりあえず予備レンズとして持っていける

軽くて小さくて体に優しいから「とりあえずこれも持っていこう」と、予備のレンズとして帯同できます。

EF50mm F1.8STM レンズ EF50mm F1.8STM レンズ +5Dmark4

24-70mm標準ズームレンズでも、この50mmの画角はカバーしています。だから、標準ズームさえあれば画角的にはあえて別に単焦点50mmレンズを持っていく必要はないです。

でも、レンズの重さと大きさを24-70の標準ズームと比較すると、まるで別物。体に感じる感覚が、大きくて重いサイズの24-70ズームレンズとは全く違うので、撮れる写真もやはり若干変わって来るようです

EF50mm F1.8 STMレンズを持参しておくと何かと役立ちます。値段を考えるとコスパの良さは抜群です。

created by Rinker
キヤノン
¥12,480
(2020/09/29 02:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

CANON EF50mm F1.8 STMレンズのちょっと残念なポイント

さて、ガンガンほめたところで、今度は実際使ってみて感じる、 EF50mm F1.8 STMレンズのイマイチな点をご紹介しましょう。

残念ポイント1 手ブレ補正がない

残念ながら、EF50mm F1.8 STMレンズには手ブレ補正がありません。とはいえ、もし手ブレ補正がついたとなると、もはやこの軽さや大きさ、安さは実現できないでしょう。

EF50mm F1.8STM レンズEF50mm F1.8STM レンズ

手ブレ補正がつけばその仕組み分、レンズは大きく重くなるはず。値段も高くなるでしょう。レンズの巨大化、高価格化の歯止めになっているなら、手ブレ補正をあえてつけないのもありですね。

製品戦略的には、手ブレ補正をつけて大型化・高価格化した高級レンズを、別途商品化してあげれば、安くて軽いEF50mm F1.8 STMレンズとは棲み分けできるでしょう。だからEF50mm F1.8 STMレンズは、ずっとこの低価格路線をキープして欲しいものですね。

ISO感度アップ、シャッタースピードアップなどの撮影技術を使えば、手ブレ補正がなくてもカバーできます。少しだけ技術を磨けば問題ないです。

残念ポイント2 開放だと少し甘い描写

CANON EF50mm F1.8 STMレンズの絞りF値を最大に開くと「F1.8」です。ただ、最大値のF1.8で撮影すると、ピントが合う部分のシャープさがちょっとイマイチでいわゆる「甘い」状態になります。

EF50mm F1.8STMレンズ 作例EF50mm F1.8STMレンズ 作例 撮影:ちゃんまり

少しだけ絞って2.2くらいにした方が、ピントが合った部分のシャープさがいい感じに見えます。私は、開放最大のF1.8までは開かないようにしてます。その方が使いやすいです。

残念ポイント3 フードが別売

CANON EF50mm F1.8 STMレンズはフードが別売なんです。これがちょっと残念です。おそらく「とにかく安くして手にとってもらおう」作戦なんでしょう。フードはセットにせずその分も安く売りたいという戦略なのだと思います。このくらいは多めに見ましょう。

ラバーフードを装着したEF50mm F1.8STMレンズラバーフードを装着したEF50mm F1.8STMレンズ

フードがセットでないことには利点もあります。自分で好きなフードを買ってきて、つけられますから。
私のおすすめはラバーフードです。ラバーフードはギュッと押すと小さくなってかさばらないナイスなフード。ラバーフードは水族館や夜景撮影でも活躍する重宝なフードですよ。

created by Rinker
エツミ
¥612
(2020/09/29 02:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

残念ポイント4 APSCカメラとだと少し使いにくい

EF50mm F1.8 STMレンズはセンサーサイズがAPSCサイズのカメラと一緒に使うと、画角が狭くなります。APSCサイズのカメラとは、例を挙げるとEOS kiss Mや、EOS70D、80D、90Dなどです。

created by Rinker
キヤノン
¥57,800
(2020/09/29 02:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

APSCサイズのカメラにEF50mm F1.8 STMレンズを装着すると、焦点距離が1.6倍になり80mmになります。

80mmの焦点距離に、使いみちがないわけではありません。ポートレート撮影で85mmのレンズはよく使われます。ただ、私は、APSCセンサーのカメラにEF50mm F1.8 STMレンズをつけた組み合わせは、ちょっと使いこなしが難しいと感じました。

EF50mm F1.8 STMレンズはフルサイズカメラとの組み合わせがいちばん使いやすいです。

EF50mm F1.8 STMレンズとあわせて使いたいおすすめフルサイズセンサーのカメラをご紹介します。

一緒に使いたいカメラその1 CANON EOS 5D Mark4

プロカメラマンもアマチュアカメラマンも愛用するフルサイズEOS 5D Mark4は販売価格がとても下がっているのでおすすめです。

created by Rinker
キヤノン
¥269,800
(2020/09/29 02:02:18時点 Amazon調べ-詳細)

ちゃんまり
ちゃんまり
私もEOS 5D MarkIV 使ってます
5D Mark4レビュー
CANON EOS 5D Mark4【購入レビュー】失敗したくない人におすすめのフルサイズ一眼レフ【2020更新】CANON フルサイズ一眼レフカメラ 5D mark4を購入し使用した感想をレビュー記事にしました。5D markⅳを購入検討中の方の参考になるように、5Dmark4の良い点についてまとめました。5Dmark4を使ってみて残念に感じた改善希望点については別記事にまとめています。...

一緒に使いたいカメラその2 CANON EOS 6D Mark2

バリアングル可動式モニターを持つフルサイズカメラのEOS 6D Mark2も手頃な価格でおすすめです。

created by Rinker
キヤノン
¥162,500
(2020/09/28 04:38:13時点 Amazon調べ-詳細)

CANON EF50mm F1.8 STMレンズと合せて買いたいアクセサリ

CANON EF50mm F1.8 STMレンズを買ったら、忘れず一緒に買いたいアクセサリー類をご紹介します。

レンズを守るレンズフード

まずはレンズを落下や衝突の衝撃から守るためにフードを買ってください。

キヤノン純正のEF50mm F1.8 STMレンズ用のフードはこちらです。

created by Rinker
キヤノン
¥1,900
(2020/09/28 04:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

でも別に純正にこだわらなくてもいいんです。レンズ径さえ適合すれば、他のメーカーのフードでもOKです。

私はこちらの↓ラバーフィルターを使っています。

created by Rinker
エツミ
¥612
(2020/09/29 02:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

ギュッと押すとコンパクトに縮むのでとても使いやすいです。

水族館や夜景などガラス越しに撮影する時は、ガラス面にフードを密着させれば余計な反射が入らない写真が撮れるので便利です。

水族館水族館

レンズを守るプロテクトフィルター

フードとともにレンズを守ってくれるアクセサリーがプロテクトフィルター。プロテクトフィルターをつけておけばレンズ表面に傷がつくのを防いでくれます。EF50mm F1.8 STMレンズのフィルター径は49mmですので49mmのプロテクトフィルターを選びましょう。

ポートレート撮影に使いたいストロボ

ポートレート撮影は自然光で撮影するのがベストですが、光が足りなかったり強すぎたりした時に補助のストロボがあれば安心です。簡単にストロボで自然な写真を撮りたい人には、世界で初めてバウンス撮影の自動化を実現したキヤノン純正のスピードライト 470EX-AIがおすすめです。やや高価ですが、失敗なく自然なストロボ写真が撮れます。

created by Rinker
キヤノン
¥35,900
(2020/09/29 01:34:18時点 Amazon調べ-詳細)

フットワーク軽く撮れるカメラバッグ

コンパクトなレンズの撮影の友にはやはり、コンパクトでフットワーク軽く行動できるアイテムがおすすめです。カメラバッグもガッチリ系よりは軽量で負担の少ないものを選んで、気軽に出かけたいものです。

撮影メインで出かけるなら、コンパクトなスリングバッグタイプのカメラバッグが使いやすいです。

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥4,327
(2020/09/28 04:38:15時点 Amazon調べ-詳細)

仕事のついで、何かのついでなら、折りたためるインナーバッグをいつものバッグに仕込んで、カメラ・レンズを入れるというのもアリです。
カメラを出してケースがカラになったらインナーバッグはたたんでコンパクトにしまえます。

まとめ

キヤノンの大変リーズナブルな焦点距離50mmの単焦点レンズEF50 F1.8 STMレンズをご紹介しました。

特長は以下の4点。

  • 安い
  • 高画質
  • 小さくて軽い
  • 使いやすい画角

値段に対して見返りの大きいコスパ抜群のレンズです。キヤノンユーザーでまだ使ったことのない方、ぜひ使ってみてくださいね。

created by Rinker
キヤノン
¥12,480
(2020/09/29 02:02:13時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です