Lightroom

Lightroom2020年6月アップデートの【使用レビュー】

こんにちは、レタッチ大好きちゃんまり(@sugar_mariko)です。

Lightroom、Lightroom classicが2020年6月にアップデートされ、新しい機能が追加されました。

さっそく、新機能を使ってみましたので、使った感想をお知らせします。使ってみたのは「部分的な色相補正」と「テキスト透かし」の2点です。

それでは、行きます。

Lightroom2020 使ってみた機能1 部分的な色相補正

「部分的な色相補正」を使うと、写真の色をがらっと変えることができました。

Lightroom 部分色変更Lightroom 部分色変更

薄紫色の花の色を濃いピンクに変えたり、緑がかった青に変えたりといったことができます。

やり方は以下のとおりです。

Lightroom2020 部分的な色相補正の使い方

1.
まず、色を変えたい部分を見極めてください。

見極めたら、右側の画像調整パネルの中の段階フィルターか円形フィルターか補正ブラシツールを選びます。変えたい部分の形状により、選ぶべきフィルターが変わりますが、今回は、画面の中央に近い、花の部分の色を変えたいので、円形フィルターを選びます。

Lightroom円形フィルターLightroom画像調整パネルから円形フィルターを選択した状態

選びましたら「このあたりの色を変えよう」とイメージしている部分をおおまかに選択します。

円形フィルターで選択した範囲円形フィルターで画像内の調整したい範囲を選択した状態

 

2.
範囲が選択できたら、フィルターの下の「効果」パネルの右端の◀をクリックして、調整メニューを開きます。

効果パネル横の◀効果パネル横の◀(三角形のアイコン)をクリックする

 

3.
「効果」を開くとこういった縦長の効果調整メニューが表示されます。

効果メニュー効果メニュー

効果メニューの中の「色相」のスライダーを左右に動かすと選択した範囲の色相が変化します。

色相スライダー色相スライダー

 

色相スライダーを右にスライドしてピンク味を強めた色相スライダーを右にスライドしてピンク味を強めた

 

色相スライダーを左にスライドして青味を強めた色相スライダーを左にスライドして青味を強めた

 

ちゃんまり
ちゃんまり
結構色が変わりますね!

 

4.
「もっと濃くしたい!」ならば色相の下の彩度のスライダーを右にスライドすると彩度が濃くなります。

Lightroom フィルター 効果 彩度Lightroom フィルター 効果 彩度

 

彩度を強めた彩度をスライドして強めて色が濃くなった花

 

ちゃんまり
ちゃんまり
なかなか面白い機能でした。

Lightroom2020 使ってみた機能2 テキスト透かし

Lightroomで「画像を書き出す」メニューに「透かし」という項目が追加されました。

Lightroom 透かしLightroom 透かし 印刷機能追加

 

以下が透かしを入れて書き出した画像です。

sugarcamera透かしsugarcamera透かし

 

Lightroom2020 透かしの使い方

1.
メニューから書き出しを選びます。

Lightroom書き出し Lightroom書き出し

 

書き出しの操作パネルが表示されたら、下にスライドすると「透かし」が見えてきます。最初は見えていません。

書き出しLightroom書き出し

 

Lightroom透かしLightroom透かし

表示された「透かし」にチェックを入れ、右端の上下矢印をクリックします。
すると下のようなウインドウが表示されるので「透かしを編集」をクリックします。

Lightroom 透かしを編集Lightroom 透かしを編集

 

透かしの編集をクリックすると透かしの調整メニューが出てきます。

Lightroom透かしメニューLightroom透かしメニュー

透かしはテキストで入れることもできますし、画像を透かしとして入れることもできます。

今回はテキストで透かしを入れました。「(c) sugarcamera」と入れてみることにしました。

テキストの

  • フォント
  • スタイル
  • 行揃え
  • カラー

が選べます。透かしにシャドウをつけることもできるようです。今回はつけませんでした。

透かし自体の透明度をコントロールしたり挿入位置を調整したりもできます。

Lightroom透かし書き出しLightroom透かしの効果

今回は不透明度を70、サイズを15にしています。
挿入位置は右上を基準位置に選び、水平方向、垂直方向とも3ずつ内側にずらしました。

Lightroomで透かしを入れたらこんな感じLightroomで(c)sugarcamera透かしを入れたらこんな感じです

さらに、作った透かしのスタイルに、プリセットとして名前をつけて登録できます。

透かしプリセット保存透かしプリセット保存

いちど透かしを作ってしまえば、次からは簡単に透かし入りの画像の書き出しができるということです。

透かしを入れたくない時はチェックをはずせばよし、です。

ちゃんまり
ちゃんまり
透かし機能の使い勝手はなかなかいいですね!

まとめ

Lightroom2020年6月アップデートのうち、「部分的な色相補正」と「テキスト透かし」を使ってみました。

私の場合は、今回試した2つの機能をしょっちゅう使うことはなさそうです。

しかし上記機能が『Lightroomで』簡単に実現できることを知識として持っておけば、いざ必要になった時に使える、ラッキー!と思いました。

ちゃんまり
ちゃんまり
Lightroomを持っている方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

Lightroomを含むAdobeコンプリートプランをお得に買いたいかたは、こちらの記事もおすすめですよ。

Adobe CCコンプリートプランをアカデミック価格で
Adobe CCコンプリートプランをアカデミック学生・教職員価格で買う方法教えますAdobeCCアカデミック版を正規の方法で入手する方法を解説しました。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です