機材レビュー

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM | EOS Kiss M/M2用の万能望遠ズームレンズを使用レビュー!

こんにちは、EOS Kiss M2愛用者のちゃんまり(@sugar_mariko)です。

今回は、私が購入したCANON EOS Kiss M用の望遠対応便利ズームレンズ、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMの使用レビューをお届けします!購入の決め手は価格です。登場時に強気だった価格が、発売後年を経てこなれて来たんですよね。だから買いました^^

ちゃんまり
ちゃんまり
めっちゃ便利ですよ、このレンズ。

コンパクトなのに望遠から広角まで幅広〜く撮れてマジ感動です。EOS Mシリーズ専用のレンズなだけあり、とても使いやすいです。(以前私は、マウントアダプター経由で、CANONの一眼レフ用の重くて大きい望遠レンズをつけてました。で、とても疲れてましたw)

それでは、実際に購入して使った感想を詳しくレポートします。

EF-M18-150mmが気になっているなら必見です。

ちなみに、記事内に差し込んだ画像はすべて、EF-M18-150mmレンズで撮影しています。画質や仕上がりの参考にしてください。

EF-M 18-150レンズのメリット(1)倍率約8倍の便利ズームである

EF-M 18-150 レンズ最大のメリットは、なんといっても望遠レンズであると同時に広角レンズであることです。

もしも、こんな用途にカメラを使おうとしているなら、EF-M 18-150レンズは大活躍するでしょう。

・取材写真
・イベント記録
・セミナー記録
・ブログ
・旅行

などなど、限られた時間でなるべく多くの撮影バリエーションを作りたい人にぴったりのレンズなんです。

客観的な引きの写真を撮るには広角レンズが便利ですが、セミナー登壇者のアップ写真を参加者の邪魔にならないように撮影する場合、望遠レンズが必要です。

その両方のニーズを満たしてくれるのがEF-M 18-150レンズなんです。

写真のバリエーションが増える

広角も撮れて、標準も撮れて、望遠も撮れる倍率約8倍の便利なズームレンズですから、撮れる写真のバリエーションも格段に増えます。

短時間に様々な画角の写真を撮らなくては行けない時、これほど助かるレンズはありません。

荷物を減らしたい旅行先でも活躍する事間違いなしです。

荷物を減らせる

EF-M 18-150 レンズのような高倍率ズームレンズがない場合、様々な画角の写真を撮りたいならば複数本のレンズを準備しないといけません。

15-45の広角標準ズーム55-250の望遠ズーム50ミリの単焦点レンズなどなど。

それもいいんですけど、EOS Mのシステムは全体的に軽量とは言え、レンズが増えれば荷物は増えます。

しかしEF-M 18-150 レンズがあれば、1本でほとんとの画角粋をカバーできるため、荷物をさくっと減らせるんです。

レンズ交換必要なし

様々な状況に対応するためのレンズを取り揃えていたとしても、シャッターチャンスが来た時に最適なレンズを装着しているとは限りません

着けているレンズではなく別の画角で撮りたい、と思ったらレンズ交換しないといけません。

ですが、雨が降っていたり、レンズ交換しているとシャッターチャンスに間に合わない‥なんて時には、結局レンズ交換できません。

レンズ交換なしでほとんどのシチュエーションに対応可能EF-M 18-150 レンズはお守りみたいなレンズです。

EF-M 18-150 レンズのメリット(2)望遠レンズとして手を出しやすい価格

EF-M 18-150 レンズは、望遠レンズとしては非常に価格が安いです。

対応するカメラ本体がAPS-Cセンサーサイズであるため、フルサイズセンサーに換算すると28-240ミリの焦点距離に対応します。

この焦点距離の望遠写真がが撮れる、他のレンズとざっくり価格を比べてみると、以下のような感じです。

出典:価格.com

EOS Mシリーズの望遠側ズームレンズEF-M55-200mmには負けますが、広角も撮れること、それと焦点距離の幅の広さを考えると、お安いのではないでしょうか。

EF-M 18-150 レンズのメリット(3)望遠レンズならではの写真が撮れる

ミラーレスカメラ+望遠レンズを組み合わせると、スマホでは不可能な望遠レンズならではの写真が撮れます。

スマホでは撮れない画質の望遠写真

スマートフォンで、いつでも誰でも手軽に写真が撮れます。

望遠ズームの写真も、スマートフォンで撮れます。

ただ、スマホの望遠写真は望遠にすればするほど画質が落ちます

望遠でも高画質の写真が撮りたいなら、ミラーレスや一眼レフカメラと望遠レンズの組み合わせで撮ってください

望遠レンズは画面を整理できる

写真は引き算の芸術と言われます。

画面に雑音となる余計なものを入れず、伝えたいものだけを入れることで写真が整理されます。

望遠レンズを使えば、画角を狭くして画面を整理することができます

望遠レンズは遠くのものを引き寄せられる

望遠レンズには、画面を整理する効果の他に、圧縮効果と呼ばれる効果があります。

望遠レンズは遠くのものを引き寄せ、遠近感を少なくするレンズです。

この効果を圧縮効果とも呼び、肉眼で見ているのとは違った感覚の写真に仕上げることができます。

望遠レンズはぼかしやすい

ぼかすためには、望遠レンズで撮るとよいです。

広角〜標準レンズでも主役の被写体と背景の距離を大きく離すことでボケを作れますが、望遠レンズを使えばより大きくボカすことができます

EF-M 18-150 レンズのデメリット

EF-M 18-150レンズにも弱点はあります。誰にとってもぴったりなレンズとは言い切れません。おすすめできない場合もあります。

コンパクトさでコンデジには負ける

望遠レンズとしては格段に小型軽量なEF-M18-150mmレンズですが、そうは言ってもコンデジには負けます。

ランキングでよく売れていたコンパクトデジタルカメラと比較してみました。

EF-M 18-150レンズ+カメラ本体(EOS Kiss M)

  • レンズ
    最大径x長さ:60.9×86.5mm
    質量:300g
  • カメラ
    116.3×88.1×58.7mm
    重量:約387g
  • 合計重量:687g

コンパクトデジタルカメラ SONYサイバーショット DSC-RX100M6

  • 幅x高さx奥行き 101.6×58.1×42.8 mm
  • 総重量:301g

EOS Kiss MとEF-M 18-150レンズを合わせると重量面ではコンデジより2倍以上重いですし、大きさもコンデジの小ささにはかないません。

ただ大きいことは悪いことばかりではありません。

ピントリングやズームリングが回しやすい、右手でホールドしやすいなど、操作のしやすさにおいては、少し大きい方が使いやすいです。

業界最高水準の画質ではない

EF-M18-150mmレンズの望遠側の最小絞り値は6.3です。あまり明るいレンズではありません。

世の中には、望遠側にズームした時でも最小絞り値が2.8、という非常に明るく高画質なレンズがあります。

そういった高画質レンズと比べると画質面では負けちゃいます。

ただ高画質レンズは重量が1.5kgくらいあり、大変重いです。

EF-M18-150mmレンズは、画質を抑えた分軽くてコンパクトに仕上がっています。

機動力に優れ、どこにでも帯同でき、持っていても体力的負担が少ないので撮影機会がぐっと多くなると思います。

便利すぎて写真が下手になるリスク

初心者のうちに便利なズームレンズを手にすると、悪いクセがついてしまう可能性があります。

便利ズームの弱点は便利すぎることです。

ズームレンズがあるとついつい「ファインダーをのぞいてからズームリングを回し、そこから絵を作り始める」というやり方をしがちなのですが、この撮影方法は一番やってはいけないやり方です。

「ファインダーをのぞいてから画角を決める」この方法で写真を撮っていると、カメラから被写体までの距離、被写体から背景までの距離が作り出す「写る範囲の違い」に無頓着になるリスクがあります。

撮影する写真に対して鈍感で雑になるリスクです。

悪癖から逃れるためには、ズーム機能に頼り切るのではなく、「足で稼ぐ」ことを実践すれば良いです。

すなわちズームを固定し、被写体に自ら近づいたり離れたりして、背景の範囲が変化することを知識ではなく感覚で覚えて使いこなせるようになりましょう。

EF-M18-150mm F3.5-6.3レンズ基本スペック

以下がEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMの基本スペックです。

スペック 数値
レンズ種類 高倍率ズームレンズ
重量 300g
長さ 86.5mm
焦点距離 18〜150mm
最短撮影距離 0.25m
開放F値 F3.5-6.3
フィルター径 55mm
絞り羽根枚数 7枚
手ブレ補正 あり

レンズの特性を活かした使い分けテクニックを学ぶには、本も参考になります。私は下記のイラストでよくわかる 写真家65人のレンズテクニックを参考にしました。

まとめ

EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMレンズは持っていて損はないレンズです。

特徴をまとめると以下となります。

EF-M18-150mmレンズの特長
  • 望遠レンズとしてはかなり小さく軽い
  • 望遠レンズとしてはかなり安い
  • 望遠が撮れるのに広角も撮れる
  • スマホでのデジタルズームより格段に高画質な望遠写真が撮れる

さらに、IS(手ぶれ補正)もついているので、暗い場所、遅めのシャッタースピードで撮りたい時にも手ブレが起きにくい。

かなり万能なレンズです。
以下の目的やシチュエーションでカメラを使いたい人には特におすすめできます。

  • ブロガー
  • 広報担当
  • 旅行先で使う
  • 雨の日に使う
  • 頻繁にレンズ交換したくない
  • 体力がないのでカメラ・レンズは軽い方がいい

EF-M18-150mm F3.5-6.3レンズ基本スペック

スペック 数値
レンズ種類 高倍率ズームレンズ
重量 300g
長さ 86.5mm
焦点距離 18〜150mm
最短撮影距離 0.25m
開放F値 F3.5-6.3
フィルター径 55mm
絞り羽根枚数 7枚
手ブレ補正 あり

EF-M 18-150レンズとあわせて使いたいアクセサリー

手に入れたEF-M 18-150レンズを長く使うためには、レンズ保護用アクセサリーを使ったほうが良いですよ。

少なくとも、下記のレンズフードと保護フィルターはレンズと同時に購入することをおすすめします。レンズを守り、長く使い続けるためです。

レンズフード EW-60F

キヤノン純正のEF-M 18-150レンズ用レンズフードです。

created by Rinker
キヤノン
¥2,135
(2021/10/23 10:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

保護フィルター(Kenko 55mm レンズフィルター)

レンズ表面を保護する保護フィルターは、レンズ径がレンズに合うものを選びます。国内メーカーなら品質が安定していておすすめです。

レンズフードや保護フィルターを使う方が良い理由は、以下の記事でも詳しく説明しています。
ぜひあわせてお読みください。

カメラ初心者はレンズにフードをつけよう【おすすめレンズフードと選び方】

カメラ初心者はレンズにフードをつけよう【おすすめレンズフードと選び方】
カメラ初心者はレンズにフードをつけよう【おすすめレンズフードと選び方】撮影に行く時、ちゃんとレンズにフードを付けて使っていますか? コンパクトに収納するため、反対向きにはめたままの状態で、撮影時も使ってい...

初心者がレンズに保護フィルターをつけるべき3つの理由とおすすめフィルター

初心者がレンズに保護フィルターをつけるべき3つの理由とおすすめフィルターカメラを買ってレンズも買った後、レンズはそのままで使っていますか? レンズ、そのまま裸で使っていませんか?大丈夫ですか?大事なレンズに...

EOS KISS M用レンズの情報はこちらからもどうぞ。

EOS Kiss M/M2用マクロレンズEF-M 28mm【使用レビュー】花・料理・商品撮影におすすめ飲食店で料理の写真を撮ることって、よくあります。 だいたいスマホでの撮影が多いですが、テーブルの上の料理をスマホで撮るのって結構難しい。...
EOS KISS Mと あわせて買いたい EF-Mマウント レンズ
CANON EOS Kiss M/M2を買うならこのレンズも買っとけ!合わせて使いたいEF-Mレンズ4選EOS kiss M/M2レンズとあわせて使いたいレンズを厳選4本ご紹介。KissMを買うことは決めたけど、レンズはどれがよいか悩んでいる方の参考になる情報です。作例とあわせてご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です