サイトデザインリニューアルしました2018.11.9
動いた心を記憶して
写真と言葉で表現するブログ
刺激を受けたもの

ニュージーランドで個人的にレスミルズレッスン体験2018【クック諸島旅行記・番外編】

クック諸島を飛び立った後、ニュージーランドに一泊しました。
便の乗り継ぎの都合上、ニュージーランドの首都オークランドでトランジットする必要があります。

そこで私は、オークランドでスポーツジムの「レスミルズ」に行くことにしました

知らない人は知らないけど、知ってる人は知っている、世界的な人気トレーニングプログラム「レスミルズ」。
レスミルズプログラムの本場はここ、ニュージーランドのオークランドです。

日本のジムでもレスミルズと提携して、スタジオプログラムを導入しているところはたくさんあります。

レスミルズプログラム紹介
https://fitness.reebok.jp/LM/

レスミルズのトレーニングレッスンには、私、10数年前に衝撃的に出会いました。
ジム通いをそれ以来ずっと続けていられるのは、最初に出会ったこのプログラムが、楽しくて効果的で、とても優秀だったからです。

何の因果か思いがけずオークランドに滞在することになったので、これ幸いと突撃しちゃいました。
機会があれば行ってみたいなと憧れていたけど、こんな形で実現するとは思ってもみなかった!

「レスミルズレッスンツアー」でなく、個人でニュージーランドのレスミルズのジムに行きたい方に、是非とも読んで欲しいです。

オークランド空港からオークランドシティへの移動方法

格安移動手段その1 Super Shuttle

SuperShuttle

複数人で利用するなら超おすすめです。
https://www.supershuttle.co.nz/

Super Shuttleは予約もできる、大型乗り合いタクシーです。

我々はSuper Shuttleの人に声を掛けられて初めてこのサービスを知り、利用することにしました。
利用価格は4人でトータル55NZD。
1人あたり13.5NZD。
1人あたり荷物2個までは上記料金に含まれる。

安いっ!

Super Shuttle

WEBサイトがあって、そこで事前に予約することもできます。

これは、ちょっと試しに見積もりしてみた画面です。

① SHAREDだと自分たち以外の人も乗って来て、所定の時間まで待ってから発車します。

② EXCLUSIVEだと自分たち専用となり、すぐ発車します。

SHAREDで全然いいと思います。
我々の時はあと数組乗ってきたくらいで発車になりました。

SuperShuttle Airport Auckland

空港では常に待機のSuper Shuttleがあるので、予約必要ないですけど、ホテルから空港の時は事前に予約しておくと便利ですね。

WEBサイトで予約が完結するので、英語力に自信のない人に、特におすすめです。

スマホアプリもあります。
ITの力すごいです。

格安移動手段その2 Sky Bus

Sky Bus

Sky Busの運賃はオークランド・シティから空港までで18NZDです。

Sky Bus Ticket

このチケットをよろず雑貨屋的なバス停前のお店で購入して乗車します。
これは片道だけど、往復で買うこともできます。往復は32NZD。少しお得。

SkyBus詳細
https://www.skybus.co.nz/

TimeTableがSkyBusのWEBサイトで確認できるのですが、ものすごく頻繁に運行されていて、しかも24時間サービスが提供されています。

なんて良いバスなんだ…

1人旅行の場合はSkyBusがおすすめです。



オークランドシティでのおすすめ宿泊先

我々の宿泊先はこのBest Western President Hotelです。

オークランドの観光名所であろう、このSkyTowerの目の前に位置するとても便利なロケーションのホテル



ここから、レスミルズ オークランドシティ店までは徒歩で約15分くらいですので、とても便利です。

ホテル前のVictoria Streetをまっすぐ西に歩いていくだけで、レスミルズ オークランドシティ店にたどり着くので、超わかりやすい!
Auckland Les Mills
Victoria Streetはこんな感じの道です。

街中から少し歩いただけで、割とこんな寂しい感じになってきて心配になりますが、大丈夫です。

Auckland Les Mills

おお、見えてきた! 坂の下にLesMillsう〜!

レスミルズ オークランドシティ店ビジター利用体験

Auckland Les Mills

うーむ、ついに来たぜ、レスミルズ!
感慨深い。

レスミルズ オークランドシティ利用料金

Auckland Les MillsAuckland Les Mills

「Casual Day Pass」というのが、ビジター1日利用券です。
これを買えば1日出入り自由。

価格は25NZD。
そんなに高くない。
日本のジムの方が高い。

現金でもクレジットカードでも支払うことができます。

ニュージーランド クレジットカード支払い

カードで払えるんですけど、私ダッセーことに、ペイメントツールの扱い方がよくわからなくて、払えませんでした。

ピンぼけ写真しかなくて心苦しいが、重要な情報なので載せる!

こういうツールにクレジットカードを差し込んで、自分で暗証番号(PINコード)を入力するんですが、暗証番号の入力の前に、この一番上の行にある、3つのボタンの中から「CR」を選んで押してからじゃないと、うまく作動しないんですね〜。

それがわからなくて、何回暗証番号入力してもうまくいかなくて結局現金で払ったという…

ダッセーけど、ユーザーエクスペリエンスの問題だから!
経験していなければ、わからないこともあるさ。

ちなみに横のCHQ 、SAVは銀行口座から直接支払う、の項目です。
日本のデビットのようなものですね。

レスミルズ オークランドシティ利用上の注意

Les Mills Auckland

館内の写真を超撮りたかったけど、フロントのお姉さんに確認したところ、
「No〜」
だったので、ありません。

日本のジムでも館内撮影オッケーなところってないもんね。
やっぱりオークランドでもそこは同じなのでした。

レスミルズ オークランド 超重要注意事項その1

Les Mills Auckland

レンタルシューズがありません!

私、旅の荷物をなるべく少なくしようと今回スタジオ用のシューズを持っていきませんでした。
日本のジムでは大抵どこのジムでもお願いすれば有料でスタジオ用のシューズを貸してくれるので、当然ニュージーランドもそうだろうと、特に深く考えず、持っていきませんでした。

ところが、レンタルシューズサービスなかったんです…(泣

慌てたよね。

脳みそフル回転でいろいろ考えた。

ジム内にショップ的なものがあるのかな?と見渡したけどない。
プロテインバー的なものしかない。

その時履いてた外履きは、ゴツいトレッキングシューズ。
これで飛んだり跳ねたりとか、あり得ない。

あいにく私のスーツケースは現在ホテルの倉庫にあずけてあり、がっちり施錠されているし、まだ出発でもないのに
「ちょっと出して」
とか、とても言えない状況。

「レスミルズのジムを一回出て、どこかにシューズを買いに行くしかない…」

幸い、早めにレスミのジムに来ていたので、目的のスタジオプログラムの始まる時間までまだ1時間以上ありました。

私の採った選択は、約15分かけて、スポーツ系のショップなんかもたくさんありそうな、街まで戻ること。

しかしなかなか手頃なシューズが見当たらない。

ナイキとか、アディダスとかのシューズを扱うショップはあるけど、結構高い。
15,000円とかする。
なんかちょっとこの状況で、その価格払う気にならんわ…

もうちょっと、なんかないのかな(汗
そうしてる合間にもタイムリミットが迫る…

上履きでレッスン

んで、最終的に私が買った靴はコレ。

ソールにクッションなんてついてないし、靴紐で固定することもできない、上履きみたいな靴(笑

超足痛めそう!
これがセール価格で39.99NZD。

まあ、背に腹は代えられない。
とりあえず買えて良かった。

レスミルズジムに行くときはこういったスタジオ用シューズを持参しましょう。

レスミルズ オークランド 超重要注意事項その2

Less Mills Aucklandcity

シューズ問題をクリアし、いそいそとレスミルズジムに戻った私。
さあ、着替えて、スタジオに行こう!
とロッカールームに向かいました。

ロッカールームに着いたところ、違和感。

ちょっと待って、ちょっと待って、ロッカーに鍵ついてないじゃん!

なんとレスミルズのジムのロッカー、施錠するための鍵がついていないんですよ!

現地の会員のみなさんは、そこのところよくおわかりで、自前の南京錠を持参して施錠していました。

いやいやいやいや、ロッカーに鍵かけられないなんて…
やばいよやばいよやばいよ。

私その時、一眼レフにコンデジにスマートフォンにパスポートと、紛失したらやっかいな物品をいろいろ持っていたんですよね〜。

もうこれはなるべくコンパクトにまとめて、

衣類以外はスタジオに持ち込むしかない…!

ショルダーバッグをパンパンにして、スタジオ入りだぜ。

レスミルズ オークランド 超重要注意事項その3

Less Mills Aucklandcity

そんなこんなで次々に湧いてくる問題をクリアして入ったスタジオ。

今日の私の目的は、格闘技系有酸素グループレッスンの「BodyCombat(ボディコンバット)」60分クラスと、バーベルを使った筋トレ系グループレッスン「BodyPump(ボディパンプ)」60分クラスへの参加です。

レッスン自体は、慣れているものなので、楽しく受けることができました。

インストラクションが英語なので、まあちょっとよくわからなかったけど、トレーニング中にインストラクターが言うことは大体予想がつくので、予測で補ってどうにかしました。

ただ、靴がアレなので、ジャンプからの着地の時は注意を払いましたよ。
膝や足首を痛めないように、着地時の衝撃を和らげるよう、関節を曲げながらクッション効かせなくては!
と、いつも以上に慎重に意識しました。

日本のジムとの大きな違いは、レッスンとレッスンの間に休憩時間が全くないことです…!

日本だと、クラスとクラスの間に15分から20分くらいの休憩時間があって、その間に参加者を入れ替えたり、連続して参加する人は着替えたり、トイレに行ったり、給水器で水を補給したりするのですが…

そのための時間はまったく、もうけられていません!

「BodyCombat」60分クラスが15:30に終了したら、ただちに15:30から「BodyPump」60分クラスが始まります!

ひょえ〜、み、みずが足りない…!

まあ、レッスン中の移動や水分補給は自由にやっちゃってもいいようなので、その辺りも日本のジムのルールとは違って、考え方の違いが出ますね。

スタジオ内に給水器もありましたし、途中からはだんだん勝手にやるようになりました。

日本と違って、2本連続で受ける人があまり多くないのかもしれないです。

レスミルズジムに行くときは、こういった大容量が入るドリンクボトルを持参することをおすすめいたします。

Less Mills Aucklandcity

私の感想としては、持っているウェイトの重量も、ニュージーランドの人は日本人より軽めでした。
全体的にガタイは大柄なのですが、ウェイトは軽めという。

それとスタジオで声出しはなかったです。
日本でも、ジムにより、地域により、店舗により違いがあって、その違いが私は結構楽しいんですけど、「声出し」自体は日本人特有なのかもしれないな。

「声出し」って、息を吐くタイミングで「ハイ!」とかって声を出すと呼吸のタイミングが取りやすいし、力も入りやすいし、がんばれるので私は好きなんですよ。

with Body Combat instrauctor Less Mills Aucklandcity

BodyCombat担当のイントラさんと記念撮影してもらった!

館内撮影禁止だけど、イントラさんと一緒ならいいみたい。

レスミルズ オークランドのスタジオは自然光が入る素敵なスタジオ。
夕方、雲の切れ間から西日が差してきて、スタジオ内が少し神がかったんだよ。
あれ、すっごい写真撮りたかったよう。

レスミルズのレッスンに出会ってから、振り返ると13年。ここまで来たかと、少し感慨深いです。

 Less Mills Aucklandcity

レスミルズ オークランドシティの営業時間。
朝型営業ですね。

 Less Mills Aucklandcity

アリーナは工事中でした。

オークランドのフリーWiFi事情

オークランドでは、様々なエリアで無料でWiFiが使えました。

オークランド空港内のWiFi

オークランド空港内にて無料で使用可能なフリーWiFiがあります。

最初に登録が必要なので、荷物受け取りの間などの待ち時間中に作業すると良いと思いますよ。

連続使用時間は40分くらいが限度ですが、空港で無料で使えるのはありがたいです。

オークランドシティ街中のWiFi

Free WiFi in Auckland City

街中で無料で使えるWiFiがありました。
この表示があるあたりは無料WiFiが使えるようです。
でも、電波は結構弱くて、なかなかつかまえられなかった…

オークランドシティ ホテル内WiFi

我々が宿泊したBest Western President Hotelではチェックインすると、宿泊者が利用可能なWiFiのパスワードを教えてくれました。
つながり具合も良好で、使いやすかったです。

オークランドで教会の日曜礼拝

Church in Auckland

午後のトレーニングの前に、午前中は教会に行ってみました。日曜なので、午前中に礼拝がある日です。
クック諸島で、教会の礼拝に少し味をしめたもので。(失礼なものいいでしたらすみません)

お邪魔したのはCathedral of St Patrick & St Joshephという教会です。

ステンドグラスや、光がとても美しい教会でした。

礼拝の開始時間が近づくとだんだん人が集まってきて

Church in Auckland

最後は満員になりました。

Church in Auckland

礼拝のお作法を何も知らないままに参加している私。

迷惑にならないように、後ろの方の席でなるべく失礼にならないように、周りのみんなをみながら、みんなが立ったら立って、座ったら座って、とやっておりました。

Church

そうしたら、礼拝の後半で、前の席に掛けていたこの家族が突然振り返って、

「Nice to meet you」

と言って、私に手を差し出してきたんです。
キラキラした瞳で微笑みながら。

衝撃!衝撃!

キリスト教って、そういう宗教なんですか?

これ、愛だよね。
愛だよ、愛。

その時たまたま近くにいた人に、親切にするというか、優しくするというか、そういうことだよね。
慈悲だね。愛だね。

差し出されたその手はとても温かくて、衝撃も大きくて、あの体験は忘れられません。

この家族がみんな嬉しそうで、全員瞳がキラキラしていて、お互いを優しい目で見ていて、幸福って、これか!?
と思いました。

オークランド空港の和食レストラン・寿司バーHayama

Sushi BAR Hayama in Auckland Airport

オークランド空港の日本食レストランSushi Bar 「葉山」おすすめです。

税関通過前も、税関通過後も店舗があります。

寿司のパックも置いてましたが、私は温かい汁物が食べたかったので、シーフードうどんをチョイス。

Seafood Udon Sushi BAR Hayama in Auckland Airport

写真、ピンぼけひどいな。
言い訳すると結構、暗いんですよう、空港内。
そして疲労困憊でありました。

このシーフードうどんは、値段が15.5NZDです。
お値段はややお高めです。
日本円で1,300円超。
でも空港のレストランと思えば、よくある価格帯かもしれません。

Seafood Udon Sushi Bar Hayama

味はいいです。
イカ、エビ、ムール貝、すり身の団子など具だくさんなので、それほどぼったくりでもないかもしれません。

ハード目のトレーニングを2本やった後でヘトヘトの体には、温かいうどんの汁が骨身に染みてほっとしました。

羽田空港にて旅の振り返り

Airport

オークランドに立ち寄れて良かったです。

クックから直接日本でないのは、クールダウンにいい塩梅のバッファでした。

非日常と日常をつなぐのに、ほどよい非日常と日常のミックス加減で、いつもの世界に戻るには、良いリハビリだったように思います。



体が覚えている馴染みのトレーニングを異国で体験してみて、自分がどうしても惹かれてしまう、自分の芯を再確認できました。

人間は神経と皮膚と筋肉でできているんだから、体を動かすことは体調を整えるために絶対に必要です。
普段トレーニングできていない方も、できることから少しずつ動かし始めた方がいいですよー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です