写真用語

露出補正とは

露出補正とは

露出補正について解説します。

よい写真を撮りたいなら「露出補正は最初に覚えるべき操作と言えるでしょう。その理由を、実際の露出補正の効果を見ながら解説します。

露出とは

まずはじめに「露出」とはなんぞや?と解説します。露出という言葉が難しいですが、要するに露出とは「明るさ」のことです。

明るさを調整するために、カメラでは

・シャッタースピード
・絞り(F値)
・ISO感度

の3つを調節します。3つの要素を組み合わせて、希望の明るさを作るわけです。

なかでも、「どのくらい時間をかけて光を当てておくか?」ということが、写真の明るさ・印象に大きな影響を与えます。これはつまり「どのくらい露出しておくか?」とも言い換えられます。だから、露出=明るさなのです。

ちゃんまり

露出とは明るさのこと、と覚えておけばよいです。

露出補正とは

露出補正とは、露出(明るさ)を調整することです。

・もっと明るくする
・もっと暗くする

ことが、露出補正です。

露出補正する理由

なぜ露出補正をするのか?その理由は、露出=明るさが、人間の視覚に強く働きかけるからです。

人間は、本能的に明るいものに目が行きます。

だから「見せたいものを一番明るくする」のが写真の基本です。

もし、カメラを構えた時や撮影した写真において、一番見せたい主役の被写体が、思った通りの明るさになっていない場合は、修正しなくてはいけません。

見せたいものの明るさを整えて、そこに目が行くようにする

これが露出補正の役目です。

露出補正をすると、写真の印象がガラッと変わります。以下作例の補正前、補正後を比べてみてください。

露出補正前

露出補正後

露出補正後

露出をプラスに補正して明るくしています。変更点はそれだけです。

ちゃんまり

露出補正したら、適度な明るさになり、キラキラした美しい夜景になりました〜。

露出補正の考え方

露出補正の考え方を覚えておきましょう。

プラス」で明るくなり、「マイナス」で暗くなります。

【露出補正の考え方】


+(プラス)補正→明るくなる

−(マイナス)補正→暗くなる

ちゃんまり

始めはこれだけ覚えておけばOKです。

まとめ

写真の3大要素は、以下の3つです。

・ピント
露出
・構図

3大要素に、露出も入っています。つまり露出は写真の肝なんです。

露出補正を使いこなし、ぜひ心にグッと刺さる、よい写真を撮ってください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です