Photoshop

Photoshop画面の名前・各パーツの名称おさらい

photoshopパーツの名称

こんにちは、ちゃんまりです。

Photoshopを使っているとあれ?操作に使ってるこの部分なんて名前だろ?」って疑問に思うことありますよね。誰かに操作を伝える時とか特に‥

そんな、ちょいちょい必要になるPhotoshop画面の各パーツの名前を整理してみました。

ぜひ、わからなくなった時に見て確認してください。

Photoshop操作画面の名称

それではPhotoshopの操作画面の名称を見ていきましょう。

ワークスペース

Photoshopで画像ファイルを開いた後に出てくる以下の作業画面全体を、ワークスペースと言います。
Photoshopワークスペース

メニューバー

メニューバーは、パソコンの画面の1番上に出ている部分のことを言います。

メニューバーの場所はここです↓Photoshopメニューバー
この時はアプリケーションとしてPhotoshopが選択されているので、Photoshopのメニューバーになっています。

↓メニューバー詳細
Photoshopメニューバー

ドキュメントウインドウ

加工中の画像の画面を表示しているウインドウを、ドキュメントウインドウと言います。
Photoshop ドキュメント ウインドウ上の例ではドキュメントウインドウは1つだけですが、ドキュメントウインドウは複数開くこともできます。複数開くと複数のタブができます。タブをドラッグすると、そのドキュメントウインドウを切り離す(フロート)ことができます。

オプションバー

ドキュメントウインドウの上の部分の横長の部分↓これをオプションバーと言います。
Photoshopオプションバーオプションバーの内容は、その時選んでいるツールバーの項目により変化します。

オプションバーを詳しく見てみると、こんな感じです。↓これはツールバーで「ブラシ」を選んだ時に表示されるオプションバーです。
Photoshopオプションバー単体

↓ちなみにツールバーのブラシのアイコンはこちらです。
Photoshopブラシアイコン

ツールバー

ツールバーは、たいていはワークスペースの左側に表示されています。いろんな操作のアイコンが入っていてPhotoshopを使いこなす上で重要なパーツです。
Photoshopツールバー

ツールバーをクローズアップするとこんな感じです。
Photoshopツールバー

注意点:
ワークスペースに吸着(左側の端っこに押し付ける感じ)させている時は左側にあるのですが、ツールバーの上の方をドラッグすると、ワークスペースから切り離して独立させることができます。

ウインドウを独立させることを「フローティング」といいますが、フローティングさせると、アクティブウインドウの背後に隠れて見えなくなることがあります

見えなくなった時は、メニューバーの「ウインドウ」メニューからツールバーのチェックをはずし、再びチェックを入れると、また見えるようになります。

パネル

パネルは、各操作のさらに細かいことを操作するためのウインドウです。
ワークスペースに吸着させている時は、以下のような感じで右端にくっついています。
Photoshopパネル

パネルごとドラッグすると、ワークスペースから切り離してフロートさせることができます。
Photoshop パネルをフロートパネルは、上の画面のようにアイコン状にしてコンパクトにまとめることができます。アイコンをクリックすると、まとまっていたパネルが開き、作業できる状態に変わります。

↓これは「レイヤー」アイコンをたたいて、レイヤーパネルを開いた状態です。
Photoshopレイヤーパネルを開いた

まとめ

Photoshopの作業画面の各パーツの名前をまとめてみました。覚えておくと便利なので、ぜひ、覚えましょう。もし忘れた場合は、この記事を見に来てくださると嬉しいです(笑

各パーツの名称を覚えておくと、わからないことをググって調べる時にドンピシャのキーワードを入力できます。キーワードの選び方が正しいと、正解にたどり着きやすくなるので、効率アップです。

それではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です