初心者向け写真の撮り方

iPhone『グリッド』表示で3分割構図で撮影しよう

iPhone グリッド
こんにちは、フォト・ライターのちゃんまり(@sugar_mariko)です。

写真構図の基本、3分割構図づくりを助けてくれる『グリッド』表示。

iPhoneでも出せますよ。

iPhoneでグリッド表示し、3分割構図で撮影するやり方を解説します。

グリッドがあると構図が作りやすい

写真撮影の構図のひとつに「3分割構図」というものがあります。

画面を縦3つ、横3つに当分に分割し、その交点に主役被写体を持ってくると収まり良き構図になるという考え方です。

この3分割構図を実践するには、最初から画面内に線が引いてあれば、作りやすいですよね?

なので、ミラーレスカメラやスマホのカメラには、構図を作りやすくするためのグリッドを出す機能がついています。

iPhoneでのグリッドの出し方

iPhoneでのグリッドを出す方法は以下の通りです。

iPhone>設定

iPhoneの設定をタップ

iPhone 設定
iPhone 設定

設定に入ったら下にスクロールして「カメラ」を探します

設定に入ったら、↓下にスクロール

iPhone>設定>カメラ

下スクロールすると「カメラ」が出ます

下にスクロールすると「カメラ」が出てくる

iPhone>設定>カメラ>グリッド

「カメラ」が出たら、下の方にある「グリッド」をオンにしてください

iPhone>設定>カメラ>グリッド

以上でグリッド表示の設定はOKです。

グリッド表示例

↓以下の撮影では、画面を分割する縦と横のグリッド線がぶつかるところに、ポイントとなる被写体の「花」を置きました。

3分割の交点にポイントになる被写体を配置

3分割を基準にすると、主役を収まりよく配置しやすくなります。

構図の正解は3分割だけではないですが、3分割構図はかんたんに作れるので、覚えておいて損はないです。

まだグリッド表示での撮影をしたことがないなら、ぜひ一度試してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です