エモい写真が撮りたい人のためのカメラ情報ブログ
技術・哲学・表現・そして買い物
カメラ用品

簡易折りたたみレフ板の自作方法 | ダイソーの発泡スチロール板で手作り可能です

撮影する対象が小さいものであれば、レフ板は自分で簡単に作ることができます。

例えば自作のアクセサリーやフィギュア、料理や食品など、テーブルの上に収まる大きさのものをきれいに撮るためであれば、A4サイズ程度の大きさの自作レフ板で充分に効果が出せます。

A4サイズのレフ板は、100均のダイソーで発泡スチロールの板を2枚買ってきて、テープで止める程度の簡単な工作で作れます。

ダイソーで調達した材料でレフ板を作る方法についてご紹介しますので、まだレフ板を持っていない方はぜひ参考にして、作ってみてください。

自作簡易レフ板の【材料】

レフ板の主材料、発泡スチロールの板はダイソーにて調達します。

ダイソーで購入する材料

  • A4サイズ〜A3サイズ発砲スチロール板
  • 両面テープ
  • アルミテープ

家にあるものを流用した材料

  • アルミ箔
  • 白ビニールテープ

ネットで購入した材料

  • 銀色布ガムテープ

自作簡易レフ板の【作成手順】

  1. スチロール板に両面テープを貼ります。
  2. アルミ箔を一度軽く丸めてから広げて板に貼ります。
  3. 板からはみ出しているアルミ箔を取り除きます。私ははさみでやりましたが、手でやる方が簡単かもしれないです。ギザギザになってしまったところをアルミテープで修復します。
  4. もう一枚同様のスチロール板を作る
  5. 2枚のスチロール板を銀色ガムテープでつなげます。
    つなげる時の注意点です。折り畳んで収納できるよう、板の厚み×2枚分、間をあけます。これが、超・超・超重要です。

    発泡スチロールは、固定するテープの材料を選びます。私は製本テープ・ビニールテープ・梱包用透明テープを試しましたが、全部うまく行きませんでした。

    貼り付けた後、しばらくするとふわ〜とテープが浮き上がってきて、固定がはずれちゃうんですよね。

    最後に布ガムテープを試したところ、固定が成功してうまく行ったのです。

    また、よく見かけるベージュ色のガムテープだとダンボール感が否めないため、探し回って銀色の布ガムテープを見つけて使いました。

    銀色ガムテープだと、仕上がりもスタイリッシュ(笑)になって、美意識も満足します。


作成したレフ板を使って撮影したりんごです。

左後ろから太陽光で、レフは手前に置いています。右側にレフによる光が入っています。もっと離した方が良かったかもしれません。

下に敷いた布もダイソーで購入したものです。

ダイソーで扱っている布サイズの90×45くらいですと、端が切れないように画角内に納めるのが結構難しいです。

最低でも90×90くらいの布が必要ですね。

出来上がった【自作簡易レフ板】



撮影補助用品を自作するのもなかなか楽しいものです。

関連記事:SLIK三脚用エレベーターフックを自作

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です