サイトデザインリニューアルしました2018.11.9
動いた心を記憶して
写真と言葉で表現するブログ
撮影機材

簡易折りたたみレフ板をダイソーのスチロール板で手作りしてみた

テーブルフォト用にPixtaのお役立ちコラムに作り方が掲載されていた簡易レフ板を作った。

自作簡易レフ板【材料】

ダイソーにて調達。

  • A4サイズ発砲スチロール板
  • 両面テープ
  • アルミテープ

家にあったもの

  • アルミ箔
  • 白ビニールテープ

自作簡易レフ板【作成手順】

  1. スチロール板に両面テープを貼る
  2. アルミ箔を一度軽く丸めてから広げて板に貼る
  3. 板からはみ出しているアルミ箔を取り除く。はさみでやったけど、手でやった方がよかったのかも知れない。ギザギザになってしまったところをアルミテープで修復
  4. もう一枚同様のスチロール板を作る
  5. 2枚のスチロール板をアルミテープでつなげる。アルミ箔をはった面の方にアルミテープをつける。折り畳んで収納できるよう、板の厚み分間をあけておく。最初、Pixtaの指南通り製本テープでつなげようとしたら板に全くくっつかなかった。
  6. 裏の白い面側から白ビニールテープで補強していく。白い面もレフ板として使うのでそこそこ丁寧に。アルミテープの粘着部分も放置しておくとほこりが付くと思うので白テープで裏打ちする。


そのレフ板を使って撮影したりんご。
左後ろから太陽光で、レフは手前に置いた。右側にレフによる光が入っている。もっと離した方が良かったか。
下に敷いた布もダイソーで購入した。
ダイソーサイズの90×45くらいだと端が切れないように画角内に納めるのが難しい。90×90くらいの布をオカダヤあたりで買って来よう。

出来上がった【自作簡易レフ板】

撮影補助用品を自作するのもなかなか楽しいものです。

関連記事:SLIK三脚用エレベーターフックを自作

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です