お手入れ用品

5DMark4互換バッテリー【比較レビュー】純正品LP-E6Nと!

LP-E6N互換バッテリー

5DMark4の純正バッテリーが高いので、値段が手頃な、RAVPower製の互換バッテリーを購入してみました。使い勝手もなかなか良かったので、ご紹介します。

ちゃんまり
ちゃんまり
5D Mark4のバッテリーが高くてツライ‥と感じている人に読んでほしいです。

RAVPower製LP−E6N互換バッテリー購入

どの互換バッテリーが良いのかわからなかったので、レビューの星の数で決めました。私が買ったのは RAVPower製の2個セットのバッテリーです。


出典:Amazon

RAVPowerのLP-E6N互換バッテリーには

・バッテリー2個
・充電器
・USBケーブル

が含まれています。

5Dmark4 互換バッテリー

セットに含まれる充電器では、CANON純正バッテリーLP-E6Nも充電可能です。

互換と純正バッテリーとの使い勝手を比較

互換バッテリーと純正バッテリーの使い勝手を比較してみました。

充電パワーの持ち時間を比較

充電後のパワーの持ちですが、体感的には純正品の5〜6割です。

RAVPower製のLP-E6N互換バッテリーを、5D Mark4にセットして、カメラのモニターを見ると、しっかりフル充電した後でも「フル充電」状態になりません。

バッテリーの「満タン度」を示す記号は、レベル3かレベル2の状態です。↓以下のように、ちょっと少ないレベルからスタートします。(注:4が満タン状態です。)


これが、互換バッテリーの限界なのかもしれないですね。

価格の比較

純正と互換バッテリーを、価格で比べると以下の差がありました。
(※1個あたりの価格で比較しています。)

純正品LP-E6N 7,444円
RAV Power互換バッテリー 1,749円
(3499÷2)

互換バッテリーの価格は純正品の4分の1以下です。安い!
(※2018年の販売価格で比較しています)

重さを比較

重量を測ると
・純正80g
・RAVPower製LP-E6N互換バッテリー82g
でほぼ同じです。

価格、重量、パワーを総合比較

価格、重量、パワーを表で比較しました。
(「パワー」は「バッテリーの持ち」を意味します)

バッテリー種類 価格/1個あたり パワー 重量
純正LP-E6N 7,444円 100 80g
RAV Power互換バッテリー 1,749円 60 82g

価格、重量、パワーを表にしただけでは、よくわかりませんね^^
別の切り口で比較します。

1パワーあたりの価格で比較

カメラを動かすパワー「1」あたり、いくらかかるのか?で比較しました。

バッテリー種類 円/パワー
(パワー1出すのに何円かかるか)
純正LP-E6N 74.44円
RAV Power互換バッテリー 29.15円

1パワー出すのにかかる価格は、純正が74.44円、互換バッテリーが29.15円です。つまり純正の1パワーあたりの価格は、互換バッテリーの約2倍。出せるパワーに対して、純正は割高ですね。

つづいて重さを基準にして価格を比較してみます。

1グラムあたりで出せるパワーを比較

バッテリー種類 パワー/g(1gあたりのパワー)
純正LP-E6N 1.25
RAV Power互換バッテリー 0.73

バッテリーの重量1gが出せるパワーを比較してみました。重量あたりのパワーは純正が1.25、互換バッテリーが0.73です。純正は互換の1.7倍強力ですね。

携行品の重量を少しでも減らしたい時は、純正のバッテリーにした方がいいでしょう。持っていくバッテリーの数を減らしても強いパワーが出せるので、長時間枚数多く撮影できます。

出力パワーあたりの価格重視か、重量あたりの出力重視かどちらを優先するかは、目的や体力によって選ぶといいですね

RavPower互換バッテリー付属充電器

RavPower互換バッテリーには充電器が標準でついています。

・専用充電器
・USBケーブル
充電器とUSBケーブル使えばすぐ充電できます。

ただ先端がUSBのケーブルだけなので、コンセントには差せません。PCやUSBハブのUSB端子口に接続するしかないです。

USBからの充電だと少し不便なので、私はUSBが差せるACアダプタを使って直接コンセントに差して使っています。ちなみにiPhone用のアダプタです。

5Dmark4 互換バッテリー

RavPower互換バッテリーは、キヤノン純正の充電器で充電することもできます。

CANON 純正充電器で互換バッテリー充電中CANON 純正充電器で互換バッテリー充電中

RAVPower互換バッテリーを5Dmark4に使用した感想とまとめ

互換のバッテリーを使ってみた結果、純正バッテリーは伊達に高いわけではなく、性能も高いと実感しました。

しかし、互換バッテリーも頑張ってます

純正は費用対効果で言えば割高ですが、純正にしておいた方がいいんじゃないかなと思う場面もあります。

例えば旅先

-なるべく荷物を減らしたい
-軽くしたい

旅行にはもちがいい純正品の方が良いと思います。

CANON LP-E6N バッテリーパック

声を大にして言いたいのは、互換バッテリーに付属品で付いてくるUSB充電器は一個持っておくと便利ということです。純正品の充電にも使えて超優秀なので、USB充電器を手に入れる目的で互換バッテリーを買っても良いのではないかと思います。

充電器一つで2個同時充電できるので、旅先でも重宝するのではないでしょうか。

結論として、ちょっとくらい重さが増えても気にならない程度に他の荷物が少ない時、例えば軽くお散歩フォトに行く時とか、一箇所にとどまってじっくり撮る時、などには互換バッテリーも良いと思います。

私的には、メインで使用するのは信頼性と性能の高い純正LP-E6Nバッテリーにしておき、サブに互換のRavPowerという使い方をしています。そういう使い方がおすすめかな。

また、購入前は大変気にしていた「安全なのか?」ですが、使い始めたらその面での問題は何も発生していないので、気にならなくなりました。1ヶ月ほど使用していますが、トラブルなしですから安心してよいですよ。

是非、自己責任で使用ご検討くださいー。

created by Rinker
キヤノン
¥9,700
(2021/03/08 14:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

互換バッテリーが値段は安く、実用充分な性能を持っていることが体験によりわかったので、その後別のカメラ用のバッテリーも購入しました。
ロワジャパン製品も優秀です。

オリンパス コンパクトデジタルカメラ Tough TG-5用バッテリーLI-92Bの互換バッテリー(ロワジャパン製)
EOS Kiss M、EOS M5/M6/M3で使える互換バッテリー(LP-E12互換バッテリー/ロワジャパン製)

こちらはEOS Kiss M用で使える互換バッテリーです。ミレーレスカメラはバッテリーの消費が一眼レフよりさらに速い傾向があるので、互換バッテリーを併用するのがおすすめです。

POSTED COMMENT

  1. 野口克美 より:

    論文のような比較実験結果まで。凄すぎるー!文章力もあって尊敬します! ブログ楽しみです♡

    • sugar より:

      コメントありがとうございます!文章力はまだまだですう。でも褒めてもらえると励みになりまする。これからもよろしくお願いします。わかりやすい記事書きます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です