Photoshop・Lightroom

Photoshop 2020使い方 | 写真中のいらないものを消す方法2(コンテンツに応じて塗りつぶす2)

※Adobe Photoshop 2020の機能です。Adobe Photoshop 2018にはなかった機能が登場しましたよ!Photoshopを使っていらないものを消す方法が進化しました。

フォトショの『コンテンツに応じる』は使えばいいってもんじゃないよな〜と感じている方も実は多いですが、それは大きな誤解です。Photoshop 2020の進化で、『コンテンツに応じる』は随分と使いやすくなりました。

いらないものを消すには、塗りつぶしメニューの「コンテンツに応じる」を使うのですが、Photoshop 2020から「コンテンツに応じる」は、オペレーションが2種類に増えました。

どちらを選ぶかで仕上がりが微妙に違ってきます。2つの方法を比較して解説しました!新登場の「コンテンツに応じる」はかなりおすすめです。ぜひさくっと読んで参考にしてください。

まずはPhotoshop 2020を起動し、修正したい画像を開きます。Photoshop CCの起動方法と画像の開き方はこちらの記事をご参照ください。

Photoshopの使い方 | 写真の中のいらないものを消す方法(コンテンツに応じて塗りつぶす)「あ〜これさえなければいい写真なのに‥」こんな経験ありませんか?写真撮影を続けていると、ついうっかり、もしくはいたしかたなく不要なものが...

 

さて、今回はこの画像を素材に解説します。Photoshop コンテンツに応じる左下の”木がもしゃっと出ている”部分を消します。

コンテンツに応じるその1

1つ目は、前回の記事でも解説した方法です。

ウインドウ→ツール→なげなわツール

フォトショ コンテンツに応じる

→消したい部分をざっくり選択する→

フォトショップ コンテンツに応じる 選択点線で囲まれた部分が、ざっくりとなげなわツールで選択された範囲です。

 

消したい範囲が選択範囲の中に含まれているのを感じたら、フォトショップ上部のメニューから、編集→塗りつぶし→コンテンツに応じる→OKを選択します。

塗りつぶし コンテンツに応じる

すると、こんな感じにターゲットの木が消えます。
悪くないですよね。

コンテンツに応じた塗りつぶし

これが、2018までの『コンテンツに応じる』です。

コンテンツに応じるその2(2020年版)

さて、ここからがコンテンツに応じた塗りつぶし2020です。

ウインドウ→ツール→なげなわツール→消したい部分をざっくり選択→までは同じです。

そこから
上部メニューの編集→(ここから塗りつぶしに行かずに)直接「コンテンツに応じた塗りつぶし」を選択します。

フォトショップ 編集 コンテンツに応じる

2020から、直接「コンテンツに応じた塗りつぶし」を選ぶという道もできていました。

直接「コンテンツに応じた塗りつぶし」を選ぶと、こんなウインドウが出てきます。

コンテンツに応じたぬりつぶし サンプリング
おばけちゃん
おばけちゃん
何を聞いているのか意味不明‥
ちゃんまり
ちゃんまり
ここはOKを選んでください。

私も最初は意味がわからなかったのですが、要は、コンテンツに応じさせる「コピー元(サンプリングする部分)」となるエリアを、自分で選べるようになったということなんです。

OKを選ぶとこんな感じの画面になります。

コンテンツに応じたぬりつぶし サンプリング
ちゃんまり
ちゃんまり
この状態が出てくることに、ビビるんですけどね‥

右端のウインドウを拡大したところです。

塗りつぶしに使用するカラーが、この例では赤になっていますが、好きな色に変えられます。サンプリング領域も3種類から選べます。今回は「カスタム」を選びました。

コンテンツに応じた塗りつぶし サンプリング

「この辺から持ってこよう。。」とコピー元部分のアタリをつけて、塗りつぶします。

コンテンツに応じた塗りつぶし サンプリング

真ん中の画面は「プレビュー」なのですが、塗りつぶして、コンテンツに応じるとどうなるか?を作業中の、確定前に確認できます。

Photoshop コンテンツに応じるプレビュー

塗りつぶし範囲が変わるとプレビュー画面も変わっていくので、ものすごく便利です。
確認しながら作業できます。

こちらが修正後の結果画面です。

コンテンツに応じるブラシ指定

好みや意図はあるかもしれませんが、こちらのやり方の方が自然に修正できていませんか?
修正結果が気に入らないとしたら、指定範囲を選び直してまた実行すれば、違う結果が得られます。

今度のPhotoshopの「コンテンツに応じる」では、ユーザーの意図を反映させる手段が増えたのです。

以前の「コンテンツに応じる」方法では、「どの部分の元画像から引っ張ってくるのかユーザーにはコントロールできない」状態でした。一歩先に進み、繊細な指定ができるようになりましたので、丁寧に修正したい人には嬉しい変化です。

それほど手間が増えるわけではありませんので、断然、新しい方の「コンテンツに応じる」での修正をおすすめします。

まとめ

Photoshopはスゴいソフトなんですけど、機能が多すぎて使いこなすのが本当に難しいです。でも今回は「さすがはコンピューター。さすがはPhotoshop。コピー機能はお手の物だな‥今度の技は特にスゴいぜ」と目からウロコ落ちまくりでした!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です