iPhone

iPhoneSE2とSE3比較するとカメラ機能に進化なし

iPhoneSE3 SE2比較

こんにちは、毎日iPhoneSE2で写真を撮りまくってインスタ(ちゃんまり@はこちら)に投稿しているちゃんまりです。

コスパ最高、iPhoneのSEファミリーに新型のiPhoneSE3が2022/3/18に発売されました。前モデルのSE2と比べると、カメラが進化しているのでは?と期待したんですが、残念ながらカメラ機能に変化はありませんでした。

ちゃんまり

残念‥(T_T)

カメラ機能が変わっていないなら買う意味がないので、私はiPhoneSE3への買い替えは見送りました。もし「ポートレートモード」が進化していれば買ったんですが。

というわけで、今回は私がiPhoneSE3の購入を見送った経緯をお知らせします。

iPhoneSE3のポートレートモードはSE2から進化した?

iPhoneにはポートレートモードという背景をぼかしたり、作り込んだ照明を使ったような写真が撮れる機能があります。このポートレートモードはSE2もSE3も持っています。しかし、SE2のポートレートモードには欠点がありました。

iPhoneSE2のポートレートモードの欠点とは、人にしか反応しないことです。

iPhoneSE3、SE2ともポートレートモードは人にしか反応しない

繰り返しますが、iPhoneSE3、SE2ともポートレートモードは人にしか使えません。人にしか反応しないと何が問題か?問題は、花や葉やその他の物体を撮るときに使えないことです。

ポートレートモードが使えるとF値を変更できて、背景がぼかせます。でもiPhoneSE3、SE2はポートレートモードが人にしか反応しないので、人を撮るときは背景をボカせますが、花の背景はボカせないんです。

ちゃんまり

花の背景がぼかせると表現が広がるので、ぼかせないのは残念!

iPhone13、12、11、Xなど、メインレンズが2つ以上ある上位機種iPhoneは、レンズの視差を活用してボケを作ります。そのおかげで人以外にもポートレートモードが反応し、背景をぼかすことができます。

しかしiPhoneSE2/SE3にはメインカメラは1個しかありません。なので、これらの機種は上位機種とは違う方法でポートレートモードを作り出しています。

iPhoneSE2/SE3のポートレートモードは、2つのレンズの視差を利用するのではなく、コンピュータのプログラミング処理で作っているそうです。

ちゃんまり

SE系とそれ以外のiPhoneでは、ポートレートモードを実現する仕組みが違うんですね‥。

こうした設計・構造上の理由を知ると、iPhoneSE3のポートレートモードが期待通りじゃないことについて、何となく納得できるような気にはなりました‥。

iPhoneSE3とiPhoneSE2の主要スペック比較表

がっかりした気持ちではありますが、iPhoneSE3とiPhoneSE2のカメラ回りの主要スペックの比較表をおさらいします。改めて表にするとわかるのですが、変わったのはCPUだけです。

iPhoneSE3

出展:Amazon iPhone SE3
iPhoneSE2

出展:Amazon iPhoneSE2
背面カメラ12MP広角カメラ12MP広角カメラ
背面カメラ
絞り値
f/1.8f/1.8
前面カメラ7MP7MP
前面カメラ
絞り値
ƒ/2.2ƒ/2.2
ポートレートモード人にのみ反応人にのみ反応
データ容量64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB
本体サイズ67.3✕138.4✕7.3mm67.3✕138.4✕7.3mm
重量144g148g
画面サイズ4.7インチ4.7インチ
CPUA15A13
詳細を見る詳細を見る

まとめ

iPhoneSE3のポートレートモードはSE2と同じく人にしか機能しないので、買い替え購入を見送った経緯をまとめました。

私はほぼ性能が同じSE2を持っているから買い換えないですけど、iPhoneとして、iPhoneSE3は手頃でコスパのいいモデルです。

「e-Taxに対応しているスマホが欲しい」
「最新アプリ入れられるスマホをなるべく安く手に入れたい」

といった方には、iPhoneSE3はおすすめですよー。

iPhoneSE3のカメラを使いこなしたい方には、こちらのiPhoneSE2カメラの使い方の記事が参考になります。ぜひ読んでみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。